マスクをしながら身体を動かすのは息苦しいですよね。 都市部での生活、運動は「人混み」「マスク着用」を避けられません。 「運動しても気分が晴れない」「もっと開放的な場所で身体を動かしたい」 せっかくなら、気持ちよく身体を動かしたいですよね。

手軽なハイキングコースとして人気の高川山。 登頂が比較的容易で、山頂からは都留市の山峡の街並みと、見事な富士山の姿を一望することができます。

また、市街に沿って約8kmに渡り、標高600m前後の山々が山脈を連ねている「都留アルプス」。歩き切るのに5時間30分ほど掛かり、かなりしっかりしたハイキングコースです。途中に8箇所ほど下山道があり、「ファミリーコース」から「がっつりコース」等変化に富んだコースを楽しむことも。

山梨百名山を9座含む、都留市21秀峰が定められた都留では、季節折々の自然を存分にあじわうことができます。

撮影場所:FISH・ON!鹿留

都留市は山中湖から流れる桂川本流をはじめ、菅野川、鹿留川、柄杓流、宮川など魅力的な川が多く、渓流釣りの穴場スポットとなっています。

地元の漁協組合が放流に力を入れており、ヤマメ、イワナ、ニジマス、そしてアユなど渓流釣りを存分に満喫できる環境が整っています。

市内の釣具店やコンビニエンスストアで遊漁券を購入して楽しむもよし、管理釣り場で気軽に渓流釣りを楽しむもよし。

毎年多くの方が釣りを楽しみに都留市を訪れます。

撮影場所:富士リゾートカントリークラブ

山梨県都留市のゴルフ場(6ヶ所)は、中央自動車道の都留ICを中心に点在しており、都心から車で約90分ほどで到着することができます。

アクセス重視のゴルファーにとても人気となっています。

富士山をはじめとした山々に周囲を囲まれ、美しい自然も一緒に堪能しながらプレーすることができます。

コースは山の斜面を利用したところが数多くあり、打ち上げ・打ちおろしのスリリングなホールも楽しむことができるのが特徴です。

豊かな自然を体験できるのに、都心からのアクセスは抜群。

新宿から中央道で約1時間半。圏央道を使えば埼玉や神奈川から来やすいのもポイント。

電車やバスでも日帰りできる距離なので、身体を動かした後でも安心して帰宅できます。

同じ「新宿から90分」でも、移動にかかる費用は大きく変わります。都留市なら高速バスで片道約1,500円。 新幹線などを使わずに移動ができるので2拠点の行き来が低コストで実現できます。

何歳になっても、新しく何かを学び、誰かの役に立ち、自分と違う世代や価値観の人々と交流し刺激を受け、自分らしく暮らせること。

そんな生涯活躍のまちを実現するために、都留市では市内にある大学と連携して、”学びなおし”が行われています。

市民のサークル活動も盛んで、文化系・スポーツ系合わせて48の団体が存在します。

都留市は2016年に政府が推進する「生涯活躍のまち」構想の先進7団体のうちの1つに選出されました。

都留市ではいつでもオンライン相談を受け付けております。

メールやLINEなど確認の取りやすい方法でお問い合わせください。

専門の相談員がお応えします。

都留市
移住定住サイト

メール相談

LINE相談

都留の環境に魅力を感じて、 思い思いの暮らしをしている方がいます。
みなさんどんな生活をしているのか、 お話しを伺いました。

「日本人なら一度は富士山に登らなきゃ!」と思い立ち、7年前にお友達と山登りを始めた小林さん。 もともと体を動かすのが好きだったこともあり、体力作りに加え登頂後の達成感も味わうことができる「登山」には、すぐにハマってしまったそう。

都留市に移住した現在は、自分で作ったサークルの仲間達を誘って、県内の山々に挑戦していらっしゃいます。 最近の目標は「山梨百名山を制覇すること」。心身ともに充実した日々を過ごす憧れのアクティブシニアです。

ご自身で育てた無農薬米を中心に、地元の野菜たっぷりのお弁当を販売している寺岡さん。 オーナー制田んぼの管理などもされており、 週末に都留を訪れ自然と触れ合う場の提供をされています。

お米作りなどを通じて少しでも多くの人が自然と触れ合い、仲間がどんどん増えたら嬉しいと熱く夢を語ってくださいました。

ゴルフ好きで頻繁に都留市に足を運んでいた渡辺さんは、移住前よりDIYをやっておられたそうです。

都留市に移り住んだ後は思う存分DIYを楽しんでいるご様子で、自宅にはウッドデッキや小屋など、いたるところで渡部さんが手掛けた“作品”を目にすることができます。 水道から電気まで通した小屋には、多くの友人・知人が集まる憩いの場所にもなっています。

移住してきた人々は都留市のことを口をそろえて ”生活しやすいまち” と言います。
都留市がどんなまちなのか、その特徴を3つにまとめました。

サービス付き高齢者向け住宅や、大学の公開講義、充実したサークル活動など、定年後を満喫するための環境が揃っています。

都留市は政府から生涯活躍のまち先進団体に選出された実績があります。

人口3万人規模のまちに公立四年制大学があるのは日本で都留市だけ。人口のおよそ10%を占める学生のほとんどは県外出身者です。

出身が様々な人が集まる都留では、県外者に対して寛容で暮らしやすいのかもしれません。

面積の8割が森林に覆われ、スーパーや飲食店が中心部に集まっている都留市。15分あれば市の中心から端まで行くことができます。

東京や富士山麓までのアクセスも良く、田舎過ぎず、都会過ぎず「ちょうどいいまち」です。

都留市では移住を検討される方を対象に一泊二日無料で宿泊できる 「お試し居住」を実施しております。

ご利用される方には、オーダーメイド型の市内案内が可能です。

木の温もりを感じながら都留市の雰囲気を味わってみませんか?

もちろん、市内の宿泊施設を利用することも可能です。

温泉からゲストハウス、キャンプ場などお好みのスタイルで都留市を満喫されてはいかがでしょう。

無料のゲストハウス
無料お試し居住のお申込み
市内の宿泊施設
宿泊施設をさがす

都留市では、オンライン相談を実施中!

移住相談員がお答えいたします。「スーパーやコンビニはあるの?」「気温はどのくらい?」など、率直な質問をLINEでお問合せできます。しっかり移住相談したい場合もZoomや、メールなど相談しやすい方法で対応します。

都留市に関することならお気軽にご相談ください。

都留市ではいつでもオンライン相談を受け付けております。

メールやLINEなど確認の取りやすい方法でお問い合わせください。

専門の相談員がお応えします。

都留市
移住定住サイト

メール相談

LINE相談